声優ライブに行こう!ベテランのライブ行き方講座その3

武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

ライブ行き方講座その3です。

他の記事: その1 その2 その4 その5

ライブ当日の服装・持ち物

ここは気になる人が多いと思うので、服装・持ち物リストを公開しておきます。

服装

原則、なんでもいいです。普段どおりの服装で全く問題ありません。普段どおりの服装で参加している方は多いです。

また、公演中、リュック・鞄は足元に置くかロッカー等に預けることになるため、ウエストポーチがあると便利です。

 

物販のライブTシャツに興味がある方は、是非購入してみましょう。

その場合、事前に購入しておいて自宅からライブTシャツを着てくる方もいますし、トイレや会場の座席、通路にあるソファでライブTシャツに着替える方もいます。派手なデザインの場合は後者をオススメします。

 

私の場合、装備1服装のことはアーティストにより大きく異なります。

例えば、内田彩さんのライブには過去10回以上参加しており、物販購入回数も多いため、歴代の装備が整っています(Tシャツ・パーカー・マフラータオル・リストバンド等)。

ですが、よく知らないアーティストに対しては普段どおりの服装で行くことも多いです。

つまり、装備は「その人がそのアーティストをどれくらい推しているか」の判断基準になります。

慣れてくると、装備だけでその人のガチ度が分かります(1stライブのTシャツを着ている人は大体ガチ勢)。

自分のガチ度をアピールするという目的もありますが、本来の目的は服装を揃えて会場全体の一体感を出し、ライブを盛り上げることです。なるべく積極的に購入・着用していきましょう。推しも喜びます。

必須の持ち物

  • スマホ
  • 紙チケット(電子チケットでない場合のみ)
  • 本人確認書類
  • ドリンク代(ライブハウスの場合)

最低限でいうと、これだけです。

スマホ

コロナ禍においては電子チケットが増えているのと、入場時にCOCOA2厚生労働省が提供する新型コロナウイルス接触確認アプリのことのインストールを強制している事業者もあるため、スマホは必須です。

紙チケット

電子チケットでない場合のみ、必要です。

無くす心配のある方は、公演日当日にライブ会場の近くのコンビニで発券するのもよいでしょう。

本人確認書類

本人確認は一般的な声優ライブではされませんが、何かあったときの保険として常に持ち歩いておくべきでしょう。

ドリンク代

Zepp TokyoやShibuya O-EASTをはじめとするライブハウスの場合は、入場時にドリンク代(600円程度)を支払わないと入場できないため、注意しましょう。

あると良い持ち物

  • 飲み物
  • 龍角散ダイレクト、トローチ
  • 双眼鏡
  • ペンライト
  • ペンライトの電池
  • サイリウム
  • ペットボトルホルダー

飲み物

私の場合、コロナ以前は水を1.5L用意していましたが、コロナ禍においては激しく動いたり叫ぶことがなくなったため、500mLで足りるようになりました。

自宅から持っていくと大変なので、基本的にはライブ会場周辺のコンビニや自販機で調達します。

龍角散ダイレクト、トローチ

コロナ禍においては声を出さないため使いませんが、コロナ以前は必需品でした。

どちらも服用間隔があるため、それを補う形で交互に服用します。

双眼鏡

でかい会場(目安キャパ5000以上)ではほぼ必須と言ってもよいでしょう。

特に幕張メッセイベントホールのステージ正面スタンドやメラド3埼玉にあるメットライフドームのこと・東京ドーム等では、アーティストとの距離が遠すぎて、米粒にしか見えないという事態がたまに発生します。

もちろんモニタにアーティストは映るものの、カメラワークによっては不満が残りますし、そのモニタ自体も遠くて見えにくい場合があります。

双眼鏡を持っていると、座席位置やカメラワークに振り回されることなく推しを見ることができるため、非常に安心感があります。

私の使っている双眼鏡はこちらです。

前は1,500円程度のものを使っていて、覗き穴が小さくて困っていましたが、こちらに変えてからは快適に使えています。

双眼鏡といえど、値段で性能や使い心地は大きく変わるのだなぁと実感しました。

双眼鏡に5,000円弱使うのはかなり勇気が要りましたが、買って良かったです。

ペンライト

これは必須のように感じている方もいるかもしれませんが、意外と使わない方もいます。

ライブの楽しみ方は人それぞれですし、色替えに気を取られて推しの活躍シーンを見逃すようでは本末転倒なので。

私は基本的にペンライトを振りますが、曲を集中して聴きたいときには、手を止めて、目を瞑って聴くこともあります。

オススメのペンライトについては、別途記事を書く予定なので、少々お待ちください。

ペンライトの予備電池

ペンライトにより必要な電池の種類は異なりますが、単4電池 or ボタン電池が一般的です。

ライブ中に電池が切れるのはありがちなので、予備として2セットくらい持っておくと安心です。

サイリウム

ペンライトと違い、液体同士の化学反応で発光する、使い捨てタイプのコンサートライトです。

ペンライトに比べ、軽くて小さいため、取り回しがしやすいのが特徴です。

ペンライトの代わりに使うか、ペンライトと併用して使います。

オススメのサイリウムについては、別途記事を書く予定なので、少々お待ちください。

ペットボトルホルダー

腰からペットボトルをぶら下げることができるものです。

大抵はMC中に飲み物を飲むことになりますが、飲み物が足元にあると、都度しゃがんで取らなければなりません。

そのしゃがんだ一瞬の隙に、推しが何かしらのアクションを行った場合、それを見逃してしまうことがあります。

ペットボトルを腰からぶら下げておけば、推しを見逃すことなく喉を潤すことができるため、安心です。

もちろん、ウエストポーチにペットボトルを入れておくのでも全然OKです。

 

他の記事: その1 その2 その4 その5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × two =