声優ライブに行こう!ベテランのライブ行き方講座その4

22本のライブBD

  • 上の画像は、私の持っているライブBD(22本)を全て並べたものです。

ライブ行き方講座その4です。

他の記事: その1 その2 その3 その5

ライブ当日の流れ

ライブ当日の流れは以下です。

  1. 持ち物と装備を準備する
  2. 会場へ向かう
  3. スタッフの指示に従って会場の中へ入る
  4. 自分の席を見つけて着席する
  5. ライブ開始。ライブを楽しむ
  6. スタッフの指示に従って会場を出る

1つずつ解説します。

持ち物と装備を準備する

チケット、本人確認書類、ペンライト、ライブTシャツ等。

忘れ物がないように注意しましょう。ここの工程めっちゃ重要です。

会場へ向かう

十分に余裕を持って会場に着くようにしましょう。

私は遅刻して1曲目の途中に会場入りしたことがありますが、そのライブでは1曲目に最も盛り上がる曲が選ばれていて、最悪な気分で参加する羽目になったので本当に気を付けてください。

スタッフの指示に従って会場の中へ入る

チケット見せたり、アルコール消毒したり、体温測定したり、COCOAアプリのインストール確認したり、荷物検査したりします。

当たり前ですが、泥酔している方や指示に従わない方は入場できません。

自分の席を見つけて着席する

オールスタンディング形式のライブの場合、この工程はありません。

座席は一般的に「アリーナ席」と「スタンド席」の2種類があり、1Fをアリーナ席、2F以上をスタンド席と呼びます。

映画館で着席するのと同じ感覚で、自分の席を見つけて着席します。

会場によっては最寄りの扉番号や方角がチケットに記載してあり、探しやすくなっています。

どうしても分からなければスタッフに聞きましょう。

極稀に自分の席が取られていることがありますが、相手が席を間違えて座っているだけなので、声をかけてあげましょう。

ライブ開始。ライブを楽しむ

ライブを全力で楽しみましょう。

クラップや色替え、振りコピは強制ではないので、分からなければ無視していいです。

また、どうしてもトイレに行きたい場合はMC中やアンコール中に行くのが定石です。

気分が悪くなった場合は近くの人に助けを求めるか、席を離れてスタッフに声をかけましょう。

スタッフの指示に従って会場を出る

コロナ禍においては規制退場が一般的なので、ライブ終了後はスタッフの指示に従って会場を出ましょう。

 

他の記事: その1 その2 その3 その5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + 1 =