声優ライブに行こう!ベテランのライブ行き方講座その5

7枚のマフラータオル

  • 上の画像は、私の持っているマフラータオルの一部(7枚)を並べたものです。

ライブ行き方講座その5です。

今回は声優ライブで定番のコールやクラップ等について説明します。

他の記事: その1 その2 その3 その4

定番のコール・クラップ等

コロナ禍においてはコール(発声)は禁止なので、ライブではクラップのみに留めましょう。

Aメロクラップ

TrysailのHigh Free Spirits、水瀬いのりのTRUST IN ETERNITYなど、テンションがぶち上がる曲のAメロで行われる。

高まりすぎて溢れ出す情熱をクラップにぶつけるというイメージ。

Aメロの最初からクラップを始め、Bメロ手前の7小節4拍目で止めるのが一般的。

Aメロクラップのある曲は、サビでUOグルグルに発展するパターンが多い。

警報

PPPHがある曲のAメロで行われる。

Aメロ6小節3拍目に「せーの!はーいはーいはいはいはいはい」と入れること。

人によっては「はいせーの!」から始めることもある。

もうすぐPPPHが来るぞ、という意味で警報と呼ばれる。警報を入れるのはベテランが多い。

PPPH

μ’sのsnow halation、fripSideのonly my railgunなどのBメロで行われる。

PPPHは「ぱん ぱぱん ひゅー」の略で、アイドル系のコールから来ている。

ぱん ぱぱんで手拍子し、ひゅーで掛け声を入れて腕を上げるのが原型。

しかし声優ライブにおいては、手拍子は無しで、掛け声は「おーっ、はい」とするのが一般的。

おーっでペンライトを下げておき、はいでペンライトを上げる。

Fu-Fu fuwafuwa

小倉唯のBaby Sweet Berry Loveなどのサビで行われる。

「おーっ、ふ・ふー!」とともにペンライトを上げ、「ふわふわふわふわ」でペンライトを頭上で4回回す。

振りコピ

Trysailのライブではほとんどの曲のサビで行われる。

曲の振り付けを覚えてアーティストと共に踊ること。

基本的にはサビのみを振りコピする人が多いが、曲を通しで完コピしてる強者もいる。

UOグルグル

TrysailのHigh Free Spirits、水瀬いのりのTRUST IN ETERNITYなど、テンションがぶち上がる曲のサビで行われる。

UOとはウルトラオレンジの略で、超高輝度タイプのオレンジ色のサイリウムである。

一部のオタクは感情が高まって最高潮に達するとUOを折る性質があり、UOを折って顔の前で縦方向にグルグル回すことで、感情の高まりを表現する。

咲きクラ

落ちサビがある曲の多くで行われるが、fripSideのonly my railgunなど、一部の曲ではAメロでも行われる。

咲きクラとは咲きクラップの略で、クラップしたあと腕をゆっくり開いていき、またクラップすること。通常のクラップよりも感覚が長い。

尊みをクラップに乗せてアーティストに捧げるイメージ。

落ちサビの場合は併せてUOを炊くことが多い。

 

他の記事: その1 その2 その3 その4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 17 =