実家から出るときにすることをまとめました。

部屋

人生で二度目の一人暮らしをするのですが、前回何をしたかほぼ忘れているため、メモとして残しておきます。

物件契約までの部分はスコープ外です。

役所関係については市区町村により詳細は異なるため、この情報は鵜呑みにしないでください。

荷物送付手段の選定

実家を出る場合、家具・家電は主に新規購入になると思うので、送る荷物はそこまで大きくないはず。

引越し業者を使うと割高になるため、車で運ぶもしくは宅急便で送るのがよい。

実家と新居の距離が近い場合は、スーツケースを使って電車やバスで運ぶのもあり。

ライフライン手続き

全部ネットで申し込み可能。基本、引越し日1週間前に申し込めばOK。

ネット回線は開通まで時間がかかるため、2週間前には申し込むのがよい。

電気

立会: 不要

使用開始日になったらブレーカー上げるだけで使える。

ガス

立会: 必要

立会後から使える。

水道

立会: 不要

使用開始日になったら蛇口ひねるだけで使える。

インターネット

回線工事: 必要

開通案内後から使える。

住民票を移す

転出届を出す

時期: 引越し日の14日前〜引越し日当日

場所: 前住所地

必要なもの: 本人確認書類

転出届を出し、転出証明書を受け取る。

有効なマイナンバーカードがある場合は、カードを使った転出を行う(特例転出届)。

特例転出の場合は転出証明書が交付されないため、カードを使って新住所地へ転入を行う。

転入届を出す

時期: 引越し日当日〜引越し日の14日後

場所: 新住所地

必要なもの: 本人確認書類、転出証明書

居住確認される可能性があるため、賃貸借契約書があると良い。

特例転出の場合はカードを使って転入を行う。

免許証の住所変更

時期: 引越し後速やかに(道交法上での明確な期日はなし)

場所: 新住所地

必要なもの: 運転免許証、新住所が確認できるもの(住民票等)

警察署、運転免許更新センター、運転免許試験場で変更可能。

マイナンバーカードの住所変更

時期: 引越し日当日〜引越し日の14日後

場所: 新住所地

必要なもの: 本人確認書類、マイナンバーカード

特例転出の場合であっても、マイナンバーカードの継続利用手続きをしないとカードの継続利用ができない。

会社に住所変更届を出す

時期: 引越し後速やかに

家賃補助の支給or支給停止が絡む場合は、特に早く動いたほうがよい。

各種サービスの住所変更

銀行・クレジットカード・保険・スマホ・各種Webサービスなどの住所変更を行う。

郵便物の送付先を変更するのが主な目的のため、実家のままで問題なければ変更する必要はない。

問題がある場合、併せて郵便転送サービスを設定しておく。

Amazon・楽天などECサイトの住所変更は引越し前・引越し後どちらでもよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − eight =