1000円カット(QBハウス)は良いぞ

ヘアカットしてもらう男性

ここ最近、散髪に1000円カット(QBハウス)ばかり使っているので、その良さを伝えようと思います。

QBハウスを使う前と後

QBハウスを使う前は、四ツ谷にある理容室を利用していました。

今は秋葉原に住んでいるのですが、昔四ツ谷に2年ほど住んでいたので、その名残ですね。

新しい店を開拓するのも面倒だし、秋葉原→四ツ谷は総武線で10分程度なので、同じ店をずっと使っていました。

毎回ホットペッパービューティーで予約していくのですが、カット+シェービング等+指名料で料金が税込6,000円、施術時間は45分くらいかかってました。

今は秋葉原駅周辺にあるQBハウスを利用しており、カットが税込1,200円、施術時間は10分くらいで終わっています。

QBハウスの良いところ

QBハウスの良さは、早い・安い・気軽に行ける・会話不要という4点です。

一般的な理容室・美容室よりも、低価格で短時間に髪が切れる。しかも予約という概念がないので、切りたいと思ったときにフラッと店に入るだけ。店が至るところにあるので、どこにいても切れる。会話がないので変に緊張することもない。このお手軽さが本当に楽です。

メニューはカットだけなので、他のお店のようにホットペッパービューティーのクーポンとにらめっこする必要もありません。

散髪に関する時間的・金銭的・心理的コストを極限まで下げた、まさに現代向けの理容室と言えます。

QBハウスの悪いところ

これは1000円カットのお店全般に言えると思いますが、仕上がりのクオリティはもちろん高くはないです。

低単価・高回転で利益を出すビジネスモデルなので、回転数を増やすほど品質は犠牲になりがちです。

そのため品質を気にする人やこだわりがある人には当たり前ですがオススメはできません。

しかし個人的には利用前のイメージよりも実際の品質は高かったと感じており、コスパでいえば十分に満足しています。

前髪がうまく揃っていなかったり、もみあげの長さが左右でズレるなど細かいところはありますが、全体として大きく失敗したことは今のところありません。

ただ、これは店員にもよるかもしれませんが、カットの内容について空気を読んでいい感じにやってくれることは少ないです。指示をしつこく仰いでくるため、そこが合わない人はいるかもしれません。

「マスク付けたまま切りますか?」「前髪どこまで切りますか?」「刈り上げますか?」「バリカンは9mmと12mmどちらにしますか?」「耳出しますか?」「襟足ともみあげはどうしますか?」のようにたくさん質問をぶつけてきます。

「いい感じにお願いします」と言うと「それは困ります。お客様が決めてください」と言われます。

曖昧な指示だと時間がかかる・給与に対して負荷がかかりすぎる、といった理由が考えられますが、初見だとこのスタンスに結構ビックリしました。慣れればこれはこれで楽ではあります。

QBハウスを使ったほうがいい人

QBハウスは

  • 早く切りたい人
  • 安く切りたい人
  • すぐ切りたい人
  • 会話が苦手な人

などに向いていると言えます。

また、前髪だけカットしてもらうといった使い方もできるので、これは様々な方にもオススメできます。

前髪カットだけを利用する女性ユーザーも結構いるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =